読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活動報告 4月30日

だいたい僕のインターン先であるサダーカは活動する日は休日(金土)なんですよ。

活動は家庭訪問してお話を聞いてと、とても単純です。

活動を通して聞いた声を、僕らはFB等のSNSを通して発信していってますよい。

 

最近僕がいった家庭で心に残っているのは、ある男性の家庭なんですけど。

彼は松葉杖をついて生活しています。左足に怪我を(かなり痛々しい感じ)しています。

 

彼の声はあまり元気ではないような感じでした。

松葉杖で生活をしているし、仕事も多分ないのかな(詳しくは聞いていませんでした)

 

まぁ、その前に基本は難民は仕事に就けないのですが。

(最近少しずつ就労許可は下りていますが、認知度は低い)

 

シリアに戻ったらどうするかという質問に

あまり明確な答えはいただけませんでした。

そもそも戻れるかもわからない状況、怪我のこと、その他別のことを総合して考えたときに、

明確な答えは出せる難民はほぼいないでしょうか。

 

ただ彼は

アッラーイスラム教の神)は見捨てていないと信じている」と答えていました。

希望は捨てていないようです。

別に宗教をとやかくいうわけではないですが、

 

不安なときに頼るものがあるっていうのは、精神的にすごく安定するのかなとも思いました。

 

彼の子ども達は、とても明るく、むしろうるさいくらいでした笑

どの国に行っても子どもはとても無邪気ですね。

言葉は通じないけど、楽しんでくれる。笑顔になってくれる。

それだけでも、ヨルダンに来てよかったなと感じさせてくれます。

 

以上簡単な活動報告でした。