読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨルダン到着 前半

えっと前回の記事では、ドバイ軽食編にするつもりだったのですが、

 

ヨルダン着いてからすっっっっっごい疲れて、ブログを書いてなかったので

軽食編は飛ばします。いつか書くかも。

 

さて、ヨルダンについて、

空港で、入国審査を・・・

通路には、

"Jordanian"

"Visa Holder"

"Visa Purchase" の3つの入国ゲートが。

僕はVisaをすでに日本で取得していたので、Visa Holderの列へと行きました。

 

あと、2、3人というとこで、隣のおっちゃんから、

お:「ここはヨルダン人の列だぞ」と言われました。

僕:「本当ですか?ありがとう」(あ、マジかー、一旦列出て空港の人に聞こう・・・)

 

という心境で一旦列を出て、空港職員にVisa Holderの列どこですか?と

職員:「そこやで〜」(さっきの列を指しながら)

僕:「えぇ本当ですか・・・?」

 

おっちゃんに間違った情報を言われ、結局入国に40分程かかりました。

 

それから、荷物を取り、最後の検査を受け、

空港を出ました。

 

空港すぐのZainというSimカードショップで、

Simを買ったはいいが、使えない。よく分からない。

ネット使えない。

 

不安がこみ上げる一方でした。

 

さて、ヨルダンのクイーンアリア空港から首都のアンマンまでは

バスで行かなくてはなりません(タクシーは高い)

ホテルの近くである目印の"1st circle"に行きたいとバスの発券所の人に伝えたはいいものの、、、

バスドライバーに英語で言っても、アラビア語が返ってくるばかり。

 

この時点で泣きそうになりました。

 

結局指示されるがまま、バスに乗り込み

約20〜30分くらい乗ってたと思います(その時は1時間くらいに感じました)

結果、バスとかタクシーの大きな停留所に着き、

もういくらお金を使ってもいいからホテルに行かせてくれと思い、

 

絶対にぼったくり(僕が勝手にぼったくり価格を払いました)であろうタクシーに乗り

ホテルまでの事なきを得ました。

ちなみにタクシー運転手のビランさんはいい人でした。

普通アンマン市内であったら、タクシー価格は2〜3JDくらいらしいですが、

物価もよくわかってない僕は結局10JD払いました。

 

ホテルについても不安は全く拭えず、それはストレスになり

疲れは溜まってく一方です。

 

結果、ホテルのベッドで倒れながら

泣いてました。これから先の不安。

それだけでも十分、僕の心は疲弊してました。

 

前半は以上

後半へ続く。